Touring  Ikimasyoka

2005年7月24日(日) お天気:晴→くもり→雨

目的地:和歌山・高野山 龍神

 

根来さくらの里(道の駅)第一集合

 

今回は参加者がドンドン減り最後には一人になるのかと思ったのだが、サカさん、kazさんが駆けつけて下さり何とか3台での出発となる。

山岳ツーなのでESTで出発するものの・・・排気量差1,050ccって凄い。何とか皆さんの足を引っ張らないように頑張るしかないのだ。

この時点ではお天気も良く絶好のツーリング日和だったのだが・・・

 

紀ノ川広域農道→

紀ノ川広域農道を快調に走るIkimasyoka。

最近広域農道で出会うバイクの数がめっきり減ってきた・・・なぜなんだろう??このくそ暑いのにバイクで走るのはよっぽどのバイク○カしかいないのだろう。それにしても暑い。停車するたびに汗が噴出してくる。sbooは寒さには強いのだが、暑さには超弱いので、この季節は辛いのだ。たった250ccでもさすが空冷、エンジンから熱気がやってくる。チョッピリ生意気なESTであった。

 

紀ノ川万葉の里(道の駅)第二集合

 

第2 集合場所の紀ノ川万葉の里にAM9:35に到着。一応第2集合場所に指定したので10時まで休憩することにした。ここでは沢山のバイク集団に出会った。静 かな道の駅でエンジンをブンブン吹かすV-MAXが・・・なんと迷惑な。こんな奴がいるからバイク乗り皆の品位を下げてるのだと思う。ジェントルな Ikimasyokaを心がけなければと誓うsbooであった。

↑万葉の里での桃

一見なんの変哲もない桃だが、左の桃は11個で4000円!!

左は少し見てくれの悪い桃23個で550円!!!

凄い価格差でビックリ。さて、どちらを選ぶかはあなたです。

 

 

紀ノ川万葉の里・出発→

 

やっぱり予想通り誰も来ずに3台で紀ノ川万葉の里を出発。この写真でも分かるようにこの時点で快晴である。この天気があんな天気??になろうとは・・・山は怖い。

来月サカさんはロイヤルで北海道に行かれるとの事、う〜〜羨ましい。たくさんのバイク仲間の出会うんでしょうね。頑張って北の大地を走破してください。

 

高野山・GS 

ここは唯一確実に開いてる高野山ガソリンスタンドで、いつもはバイクであふれてるのだが、今日はガラガラでラッキーだった。ここから龍神越えるまで約40数キロGSは無いのだ。

チョッ パーにとってはとっても辛い区間であったりする。以前T佐くんが883に乗ってた頃、山岳ツーでガス欠寸前の危機があり最悪sbooロイヤルにニケツ か・・・というような出来事があった。その時は事なきを得たのだが、それ以来予備タンクを持つようになったのは事実である。

 

高野山・公共駐車場→

 

なんか拍子抜けするぐらいバイク少ない。警備員のおじさんがいないのであちらこちらに散らばってるのだ。いつもは口うるさく厳しい警備員いるのだが・・・経費削減かな??

今回はサカさん、kazさん、高野山久しぶりだと言う事で奥の院まで行くことにする。さすがに下界よりは涼しいのだがそれでも一生懸命歩くと汗ばむほど気温が高い。 

奥の院に向かって↓

 

龍神スカイライン→

龍神スカイラインを快調にとばすIkimasyoka。

サカさんにとっては辛い区間であるが、そんな事は微塵も感じさせない豪快な走りである。ステップどころかステップ台座まで接地してる!!

リアタイヤも端っこまで使っている・・・驚異。

(sbooロイヤルは端から約1cmは新品=そこまで行くまでにマフラーが接地する)

驚速の遺伝子がサカさんには備わっておられるようだ・・・

鶴姫(昼食)

いつもの鶴姫さんで昼食タイムだ。

ここまで来て少し曇ってきたがまだまだお天気は良い。いつもは低カロリーのものをいただくのだが今日は高カロリー焼肉定食!!お腹が空いてたのだ・・・

そうこうしてると何か見慣れぬ生き物がやって来た。ポン吉と奥さんが呼んでいる・・・えぇ!!タヌキだ〜〜 最近は毎日やってくるとの事でお店の人たちも結構楽しんでる模様。やって来るのはポン吉だけで帰りにはお土産を持って帰るそうだ。

ポン吉

 

ミルクに浸したパンの耳を一心不乱に食べる。

人が近づいてもまったく動じる様子なし。

帰りにはパン耳を口いっぱいに持てるだけ持って

山に帰っていった・・・凄い光景でビックリ!!

 

 

ぎゃ〜豪雨→

昼食も済ませ、ポン吉とも出会い、さ〜て椿山ダム目指してしばらく走ると・・・ギャ〜大粒の雨だ〜〜思わず停車して相談する。もう少し行ってみようと走り出すも結局南部の降水確率高かった(と言っても30%・・・)ので南進を断念することに。この時点ではまだパンツまでは濡れてなかったのだが・・・

上着を持って出てきたのがまだせめてもの救いだった。(でも合羽を持ってくればよかったと後悔する)

 

護摩山タワー 

ここまで戻ると雨も止んで何とか一息である。

kazさんは着替えを・・・なんと準備の良いと関心するsboo。

ここ護摩山で止まってたバイク達はほとんど南に向かって走り去った。南は豪雨だと知らせてあげればよかったかな?とも思ったのだが・・・それぞれに予定があるのでまぁいいか。

とりあえず雨を避けることできたのだが・・・
 

 

 

R480(雨宿り)→ 

このまま来た道を帰るのも面白くないので花園村経由で帰ることにしたのだが、やっぱり途中から豪雨に見舞われる。あまりにも、もの凄い雨&雷な ので途中雨宿りをする羽目になってしまった。本来なら恐竜ランドや清水温泉でいろいろ楽しめる道なのだが、この雨ではどこにも寄る気がしない。少し小降り になったところで出発するもやっぱり豪雨・・・あきらめて突っ走ることに。この時点でパンツまで濡れ、ブーツの中もプール状態。

海南湯浅道路

 

花園村からどこも寄ることも無く(途中休憩1回)ひたすら走り

吉備ICから高速に乗る。結構渋滞が激しく、すり抜け走行になる。

ボトボトの体も高温のトンネル内で乾き始める。

なんだか洗濯機のようなツーリングになってしまった。

 

 

阪和自動車道

 

紀ノ川SAまではフリー区間とする・・・速攻で置いていかれるsbooEST。高速走行はESTにとって最も苦しい場面である。それでも伏せて(格好悪いのであまりやりたくない)なんとか食らい着くsbooEST。250ccの限界にいつも挑戦している。こんなマシンで○40km?/h走行できるのはsbooだけ・・・カナ??

 

紀ノ川SA(解散)→

ここまで来るとまた晴天。晴→くもり→豪雨→雷→晴とお天気フルコースのツーリングだった。これだけ雨に降られると意外にもマシン汚れないのが不思議だ。

サカさん、kazさん全自動洗濯機ツー?ご参加ありがとうございました。これに懲りずに次回もよろしくお願いします。

 

最後に合言葉

みんなで楽しくIkimasyoka〜〜♪♪

 

ーENDー

(最後までお付き合いいただきましてありがとうございました)

Route

根来さくらの里 AM9:00→風吹き峠→紀ノ川広域農道→R24→

紀ノ川万葉の里 AM10:00→R24→R480→高野山・奥の院→

龍神スカイライン→鶴姫(昼食)→R371→豪雨で引き返す→護摩山→

龍神→高野山→R480→花園村→清水→吉備IC→紀ノ川SA(解散)

Participant
Ikimasyoka

 

サカさん          RSTC1300

sennan-kazさん     CB1300

SB             EST号250

 

EST DATA
走行距離 271km
最高速度 ○28k爆 (メーター+10k爆)
移動時間 6時間09分
停止時間 3時間10分
移動平均時速 43.6km/h
全体平均時速 28.8km/h
総上昇量 4405m
最高高度 1281m
燃   費 29.36km/L
感   想

*全自動洗濯機ツーと命名!

*山の天気は難しい。

*ナビ装着でも見れないと意味がない。